作品紹介

自意識過剰、
赤裸々過剰。
この愛すべき、
クソみたいな日常──。

あの『苦汁100%』が濃縮されて待望の文庫化!
人気ロックバンド・クリープハイプのフロントマンであり、
初小説『祐介』が話題をさらった尾崎世界観が赤裸々に綴る、日常と非日常。

文庫化に際し、コロナウイルスに揺れる2020年2月、
50ページ以上の書下ろし最新日記
「あとが記」を追加収録。


※※※

〈文庫書き下ろし「あとが記」より〉

2020年2月26日

起きたら
世の中が変わっていた。
大規模なイベントの
自粛要請が出て、
イベントが軒並み
中止になっていく。
積み上げたものが
たやすく流れるのを
ただぼうっと見てた。
液晶画面に表示された文言は、
どれも何かを押し殺してる。
クリープハイプも
3公演の延期を決めた。

※※※

〈本文より〉

2016年11月22日

私は誰の悪口も言わない。
そんな奴は信用できない。
ちゃんと人を好きになったことがないのだろう。
大好きです、愛してる。と、
大嫌いだ、死ね。は
限りなく似ていると思う。

担当編集者より
2020年2月。本来であれば、文庫化を記念して、クリープハイプ結成10周年記念ツアー真っ最中の日記を尾崎世界観さんに書き下ろししてもらう予定でした。しかし、コロナウイルスの影響でついに4月のツアーも延期に──。そんな最中、尾崎さんから届いた最新日記「あとが記」は、叫びのようでした。そこにいるのはいつも通りの尾崎さんにもかかわらず、表現する宿命を背負ってしまった手負いの獣の咆哮が文字の隙間から聴こえてくるのです。危険で刺激的で一筋縄ではいかなくて、それが振り切れてもはや真っすぐで謙虚な、そんな矛盾と魅力に満ち満ちた恐るべき一冊です。(TI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る