電子書籍

ここじゃない世界に行きたかった

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2024年05月08日
ジャンル随筆・エッセイ

SNSで大反響! 多様性の時代の新エッセイ集

29歳で移り住んだニューヨーク。
言葉も、これまで培ったスキルも通じない日々。
そんな中、大切な人たちと繋がらせてくれたのは
心の底にしまい込んでいた自らの美意識だった。
「本音をインターネットに置いておいて、本当に良かった」―-

世界の諸問題への視点、生活への美意識。
総フォロワー数15万人超のSNSで、独自の視点が信頼と感動を呼ぶ
文章を発信し続ける著者のデビュー作。

noteで大反響を呼んだエッセイに書き下ろし6編を加えた
新世代エッセイ集。

解説・谷川嘉浩(哲学者)。

 <目次>

Ⅰ 共感、美しくあること
   SNS時代の求愛方法 
   ニューヨークで暮らすということ 
   美しくあること、とは  etc…

Ⅱ じぶんを生きる
   「化粧したほうの私」だけが存在を許される世界で
   私の故郷はニュータウン
   先に答えを知ると、本質に辿り着きにくくなる
   ミニマルに働くということ  etc…

Ⅲ 生活と社会
   晴れた日に、傘を買った話
   五感の拡張こそがラグジュアリー
   BLM、アジア系アメリカ人、私の考えていること etc…

Ⅳ 小さな一歩
   臆病者よ、大志を抱け
   「良いことでは飯が食えない」への終止符を
   私の小さなレジスタンス
   50歳の私へ etc…

あとがき
文庫あとがき
解説 「夜の言葉」を書く人 谷川嘉浩

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

ここじゃない世界に行きたかった

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2024年05月08日
ジャンル随筆・エッセイ
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 佐伯泰英特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用