作品紹介

厖大な未発表資料と綿密な取材によって、昭和初期の日本現代史の埋もれた事実に光をあてた、松本清張のライフワーク「昭和史発掘」は、文春文庫に全9巻で収録されています。この昭和の巨星の生誕100周年を迎えるにあたり、「週刊文春」連載時の担当者であり、現在、北九州市立松本清張記念館の館長である藤井康栄さんが発掘したのが、単行本未収録のままになってしまっていた二篇。
一編は、「穏田のラスプーチン」と呼ばれ、明治から大正にわたり宮中と政界を股にかけて暗躍した宗教家・飯野吉三郎が主人公の「政治の妖雲・恩田の行者」。
もう一編が、桂太郎の愛妾であった美人芸者お鯉(安藤てる)が、小山松吉法相の収賄を告発し、逆に偽証罪で有罪になるという「『お鯉』事件」。
明治から昭和初期にかけての政界の権力闘争にまつわるサイドストーリーともいうべきこの二編は、清張が追い続けた昭和史の暗黒のさきがけといえる事件です。
そして、昭和史を歯に衣着せずに語りつくした三つの対談。
城山三郎氏とは「戦前篇 不安な序章 昭和恐慌」
五味川純平氏とは「戦中篇 吹き荒れる軍部ファシズム」
鶴見俊輔氏との「戦後篇 マッカーサーから田中角栄まで」
この三つの対談から、昭和の数々の事件の裏で、いかに軍部、政治家、官僚、権力者たちの闘争がうごめいてきたのかがわかります。
「清張昭和史」の入門者ともいえる文春新書「対談 昭和史発掘」を、文春学藝ライブラリー向けに再編集し、「昭和史発掘 特別篇」と改題し発行します。

担当編集者より
次の紙幣の顔、津田梅子を調べると、米より帰国後に教授の職を与えた恩人として「下田歌子」という名前が登場します。皇后の信任篤く、多くの女学院を創設した、日本の女子教育の先駆け。ところが、そんな才女を見事にたぶらかし、明治・大正の宮中や政界を掻き回した怪しげな宗教家がいた―ー。
週刊文春の連載された「昭和史発掘」から、単行本・文庫本に未収録の「こぼれ話」を収録。汚職事件のでっちあげに利用れた女将の話も、なんとも人間くさく、滑稽さすら感じさせる物語です。
城山氏、五味川氏、鶴見氏との対談では、歯に衣着せずに昭和史の暗部を斬る。清張昭和史の真骨頂といえる一冊になりました。
目次
「昭和史発掘 特別編」
目次

第一部昭和史発掘 番外編

政治の妖雲・穏田の行者
「お鯉」事件

第二部対談 昭和史発掘

戦前編 不安な序章「昭和恐慌」
城山三郎 松本清張
戦中編 吹き荒れる軍部ファシズム
五味川純平 松本清張
戦後編 マッカーサーから田中角栄まで
鶴見俊輔 松本清張

解説 同時代史としての「昭和史発掘」
有馬学

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る