作品紹介

2012年「行け広野へと」で短歌研究新人賞次席、2013年歌壇賞受賞。
注目の歌人・服部真里子の第一歌集『行け広野へと』(2014年本阿弥書店刊)を電子書籍化。

 三月の真っただ中を落ちてゆく雲雀、あるいは光の溺死
 雪は花に喩えられつつ降るものを花とは花のくずれる速度
 春だねと言えば名前を呼ばれたと思った犬が近寄ってくる
 八月をすぐ遠景にしてしまう日暮れの舟のしずかな離岸
 遠雷よ あなたが人を赦すときよく使う文体を覚える

19歳から27歳までの8年間に作られた歌から、全289首を収録。
現代歌人協会賞受賞作。

著者

服部 真里子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る