作品紹介

本書は中国古典に関連の深い三人の作家、幸田露伴、中島敦、井上靖と三人の中晩唐の詩人、李賀、李商隠、温庭筠の生涯や作品を、著者の専門とする異常心理学、性格類型学の視点から論じたもの。
中心気質の露伴、失調気質の中島敦、李賀、循環(躁うつ)気質の井上靖。かれらの作品群が、いかに自己の気質に支配・影響されたか、または、いかにそれから逃れたかを分析。李賀を敬慕した李商隠が李賀の魅力ある作品群に巻き込まれまいとして、定型詩をつくったのではないかと推論。
これまでにない作品理解の視座を提示している。

担当編集者より
人は遺伝子の乗り物(ビークル)と喝破したのはR・ドーキンス。文学は気性、異常心理の副産物ともいえると著者。小説家も詩人も、そして我われも…。古今東西、人は自分の内なる声≒尋常、ときに異常な心理に支配されているんですね。読んで納得の一冊です。
目次
第一章 幸田露伴 日本人にとっての平仄
第二章 中島敦 日本人にとっての押韻
第三章 井上靖 冗語(擬態語)について
第四章 李賀と李商隠
第五章 李商隠と温庭筠 その一
第六章 李商隠と温庭筠 その二
商品情報
書名(カナ) イジョウ シンリガクカラミタチュウゴクコテンシ ロハンナカジマアツシイノウエヤスシカラバントウノシジンマデ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2018年11月21日
ISBN 978-4-16-008942-6
Cコード 1090

著者

塚本 嘉壽

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る