単行本 企画出版

俺の心に雪が降る

1,540 (税込)
発売日2023年04月10日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) オレノココロニユキガフル
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2023年04月10日
ISBN 978-4-16-009043-9
Cコード 0093

妻の思いに気づけない夫の苦悩と再生の物語

著者の加葉まひろさんは、もと栃木県立高校の国語教師だった人で、現在、栃木県および宇都宮市民芸術祭に審査委員などとして関わっています。教師退職後の2003年からは文筆活動に入り、著書の小説『浮遊する記憶』(2016年、下野新聞社刊)で第20回日本自費出版文化賞特別賞および第7回ふるさと自費出版大賞優秀賞を受賞しました。そうした経歴からも分かるように、安定した筆力で家族の問題をさまざまな角度から小説にしています。今回の作品は、妻の思いが汲み取れなかった夫の苦悩と再生を描いた小説で、夫婦の心理の襞に静かなメスを入れています。長年、妻の不倫を疑い続けていた夫は、ある日、自身の交通事故をきっかけに、それが誤解であったことに気づくのですが、妻が負った心の傷は深く、お互いの気持ちがすれ違います。季節にも合わず、意味も不明な妻の「雪が」という言葉に、夫は悩まされるのですが、その言葉の奥に秘められた妻の思いに、夫がようやく気づいたときには、すでに永遠の別れが迫っていました。夫婦とは何か、家族とは何かを考えさせられる、心にしみる作品です。

目次

一 旅の終わりと始まり
二 七子の劇は続く
三 康子を迎えに山形へ
四 七子は秘密を語る
五 俺の心に雪が降る
あとがき

担当編集者より

著者はもと高校の国語教師で、著書の一つ『浮遊する記憶』は第20回日本自費出版文化賞特別賞および第7回ふるさと自費出版大賞優秀賞を受賞した。今回の作品は、妻の思いが汲み取れなかった夫の苦悩と再生を描いた小説で、長年、妻の不倫を疑い続けていた夫が、ある日、それが誤解であったことに気づくのだが、妻が負った心の傷は深く、お互いの気持ちがすれ違う。妻の思いに夫がようやく気づいたときには、すでに永遠の別れが迫っていた、という粗筋。夫婦とは何か、家族とは何かを考えさせられる、心にしみる作品である。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本 企画出版

俺の心に雪が降る

1,540 (税込)
発売日2023年04月10日
発行文藝春秋企画出版部
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) オレノココロニユキガフル
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2023年04月10日
ISBN 978-4-16-009043-9
Cコード 0093
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト