作品紹介

レイプの傷手から逃れるように女は網走に流れつき、恋人はその後を追った。真実を受けいれるために彼女が費やした半年を描く長篇

担当編集者より
人は淋しさに捕らわれると、周りからは放っておかれたくなることがある。レイプ事件をきっかけに東京を離れ網走に流れついた麻子の心境も、ちょうどそんなふうでした。彼女の心の傷を癒していったのは、そこのところをよく心得た男や女たち。彼らの優しさは、村松さんご自身から日頃受ける何気ない心配りと重なります。本当のレイプ首謀者は誰か。そんなサスピシャスな一面も持つ本書。読後にはきっと人恋しい気持ちになるはずです。(I)
商品情報
書名(カナ) リュウヒョウマデ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年04月30日
ISBN 978-4-16-316190-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る