作品紹介

古くは皇帝に献上され、毛沢東も夢中になった武夷岩茶。万病を癒すといわれる茶王・大紅袍など幻の名茶の秘密が今解き明かされる

担当編集者より
「本の話」一月号(1996)の特集「東京・街の噂」を覚えておいででしょうか。あそこで作家の辻原登さんが紹介されたウーロン茶の最高峰・武夷岩茶(ぶいがんちゃ)は、霊峰武夷山に自生する皇帝献上の名茶です。中でも毛沢東が夢中になったという大紅袍は年間一キロしかとれず、万病を癒すという絶品中の絶品。本書ではそれらの岩茶の秘密が解き明かされます。作者の左能さんは純文学作家でありながら岩茶にのめりこみ、岩茶房という喫茶店まで開業してしまった趣味人。小社出版局でも岩茶愛好家が増えつつあります。(I)
商品情報
書名(カナ) ガンチャ キュウキョクノウーロンチャダイコウホウノセカイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1996年04月30日
ISBN 978-4-16-351550-2
Cコード C0095

著者

左能 典代

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る