作品紹介

繰り返す入退院、執筆の苦しみ…遠藤周作を陰で支えつづけた妻が語る、知られざるエピソードの数々、そして死の瞬間のメッセージ

担当編集者より
「今、俺はおふくろに会っているよ。死は怖くなんかないよ……」。病床で妻の手を握りながら、遠藤周作さんはこんなメッセージを残して逝きました。四十年余の結婚生活のうち、なんとのべ十年間は入院暮らし。苛烈な闘病生活、納屋を間借りした新婚時代、生死交錯する不思議な出来事、『沈黙』執筆秘話など、知られざるエピソードが次々と語られます。遠藤ファン必読の一冊です。(MT)
商品情報
書名(カナ) オットエンドウシュウサクヲカタル
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年09月29日
ISBN 978-4-16-353280-6
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る