作品紹介

少年への死刑を忌避したがる「司法の壁」はなぜ崩壊したか

加害者側でも被害者側でもなく、冷静な第三者としての「裁判官の目」で鋭く見抜く、裁判当事者たちの詭弁の数々。門田隆将氏激賞!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
全国民が注目した光市母子殺害事件の犯人に死刑判決が下されてから、もう1年になろうとしています。著者の井上さんは元裁判官で現在は弁護士。その井上さんが、「裁判官の目」でこの殺人事件を改めて取り上げました。被告にも原告にも与(くみ)せず、客観的に裁判上の争点を分かりやすく分析していきます。ジャーナリストの視点からこの事件を取り上げた『なぜ君は絶望と闘えたのか——本村洋の3300日』の著者、門田隆将氏も絶賛、激賞する1冊です。(ST)
商品情報
書名(カナ) テンモウカイカイソニシテノガサズ サイバンカンガミタヒカリシボシサツガイジケン
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年02月15日
ISBN 978-4-16-371070-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る