志士の風雪

品川弥二郎の生涯

1,540 (税込)
発売日2012年10月30日
商品情報
書名(カナ) シシノフウセツ シナガワヤジロウノショウガイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年10月30日
ISBN 978-4-16-381750-7
Cコード 0093

幕末維新の激動を生きた男、一世一代の夢

「トンヤレ節」――わが国における軍歌の第
一号である。この歌とともに、倒幕を掲げる
官軍は行進した。そして、この作詞者こそが、
本稿の主人公、品川弥次郎である。
萩藩の足軽の子として生まれ、十五歳で松
下村塾に入塾。吉田松陰に将来を嘱望された
少年は、高杉晋作、久坂玄瑞、桂小五郎らと
ともに、幕末、維新を駆け抜けた。
蛤門の変、戊辰戦争、西南戦争……。古川
薫氏の筆は、品川弥二郎という男が、まさに
重大局面に立ち会った歴史の証人であること
を浮き彫りにしていきます。その後、新政府
の人間として、ヨーロッパに留学、協同組合
運動に刺激を受け、日本に移植しようと尽力
した後半生。あえて苦難の道を、なぜ選択し
たのか。その衝動はどこからきたのか――。
長年にわたり、幕末、長州を追い続けてき
た筆者ならではの、画期的な評伝小説です!

担当編集者より

「なぜ、これほどの男が……」本年は国際協同組合年にあたります。日本に協同組合を移植した品川弥二郎の生涯を追い続けながら、古川薫さんの脳裏には何度もこの疑問がよぎったといいます。蛤御門の変、戊辰戦争、西南戦争……。常に歴史の重大局面に立ち会ったこの男の根底には、松下村塾で育まれた志士の魂が宿っていたのではないか。だからこその苦難ではなかったか。長年にわたり、幕末、長州を追い続けてきた筆者が、克明にその生涯を活写した力作評伝です。(YA)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫

志士の風雪

品川弥二郎の生涯

1,540 (税込)
発売日2012年10月30日
商品情報
書名(カナ) シシノフウセツ シナガワヤジロウノショウガイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年10月30日
ISBN 978-4-16-381750-7
Cコード 0093
試し読み
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用