作品紹介

生涯に渡り「自立」の大切さを訴え、不慮の事故で急逝した著者が
最後に我が子にむけて綴った「ひとり暮らし」のバイブル

2000年の『「捨てる!」技術』(宝島社)のミリオンセラーでシンプルライフブームの先駆けとなり、多くの女性に影響を与えてきた辰巳渚さん。
本書は、辰巳さんのご子息が大学に入学し、地方でひとり暮らしを始められるにあたって、
“親から子へと伝えたいひとり暮らしの心構えとノウハウ”をまとめられたもので、
2017年の夏から2018年の春にかけて執筆されました。
ところが、お原稿も完成間近の2018年6月26日、辰巳渚さんは不慮の事故のため、
52歳の若さで帰らぬ人となられました。
まるで、ご自身の運命を予期されていたかのようなタイミングで書かれた本書は、
はからずも、彼女が生涯に渡って訴え続けた「自立すること」や「家事」への想いやノウハウを、遺された息子さんと娘さん、そして多くの次世代の読者に伝える集大成ともいえる遺作となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめに――自立して生きていくあなたに

第1章 はじめの3週間 あなたが生き延びるために必要なこと
◆あなたを支える「食」について
◆心と身体を休められるようにすること
◆身なりを清潔に保つということ
◆健康を保つということ
◆お金を管理するということ
◆安全に暮らすということ

第2章 つぎの3か月 生活に慣れてきたら始めてほしいこと
◆家事のパターンについて
◆時間のパターンについて
◆お金のパターンについて
◆近所付き合いのパターンについて

第3章 これからの6か月 季節や環境に合わせて暮らすということ
◆季節の変化に合わせた部屋のしつらえ
◆冬の家事で注意したいこと
◆日本の季節の行事を楽しむ暮らし
◆生活環境について検討する


最終章 1年経ったら 生活しながら未来に向かって生きていく

あとがき――母・辰巳渚のこと 長男・加藤寅彦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

担当編集者より
もし、自分がひとり暮らしを始めた大学生の時にこの本を読んでいれば、その後の人生も変わっていたんじゃないかなと思います。多くの人は、誰にも教えられずひとり暮らしを始めますが、「暮らし」は、実は人生の一番根底にあるもの。自立して暮らすノウハウを知っているのと知らないのとでは、仕事も結婚もその後の人生すべてが変わってくるはずです。ひとり暮らしを始めるすべての人に読んでほしい、辰巳渚さんの想いがこもった一冊です。
目次
はじめに――自立して生きていくあなたに

第1章 はじめの3週間 あなたが生き延びるために必要なこと
◆あなたを支える「食」について
◆心と身体を休められるようにすること
◆身なりを清潔に保つということ
◆健康を保つということ
◆お金を管理するということ
◆安全に暮らすということ

第2章 つぎの3か月 生活に慣れてきたら始めてほしいこと
◆家事のパターンについて
◆時間のパターンについて
◆お金のパターンについて
◆近所付き合いのパターンについて

第3章 これからの6か月 季節や環境に合わせて暮らすということ
◆季節の変化に合わせた部屋のしつらえ
◆冬の家事で注意したいこと
◆日本の季節の行事を楽しむ暮らし
◆生活環境について検討する


最終章 1年経ったら 生活しながら未来に向かって生きていく

あとがき――母・辰巳渚のこと 長男・加藤寅彦
商品情報
書名(カナ) アナタガヒトリデイキテイクトキニシッテオイテホシイコト ヒトリグラシノチエトギジュツ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年01月10日
ISBN 978-4-16-390958-5
Cコード 0095

著者

辰巳 渚

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る