作品紹介

隠された真実を暴け!

『ミッドナイト・ジャーナル』で吉川英治文学新人賞受賞、『傍流の記者』が直木賞候補となった本城雅人が満を持して放つ、
ソ連崩壊前夜、世界的スクープを連発した日本人特派員の物語。

チェルノブイリ原発事故から1年――1987年(昭和62年)4月、東洋新聞の記者・土井垣侑(どいがきたすく)が特派員としてモスクワに降り立った。当時のソビエト連邦はペレストロイカ政策が進められていたが、記者はソ連政府の管理下でしか取材することができず、しかも本社からは当局を刺激しないよう「特ダネ禁止」を言い渡されていた。そんな状況に不満を抱いた土井垣は、独自ネタを拾おうと精力的に街へ繰り出す。だが、ソ連政府は一記者にまで監視の目を光らせていて……。

新聞記者20年・作家生活10年の著者が送る、圧巻の社会派エンタメ。

商品情報
書名(カナ) ホウカイノモリ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年03月20日
ISBN 978-4-16-390995-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る