作品紹介

総理がらみの疑惑の渦中にある代議士の孫が誘拐された!
犯人の要求は前代未聞――「罪の自白」。
政界に激震が広がる中、代議士と家族の戦いが始まる!

「総理の友人に便宜を払うため、国交省や県に圧力をかけたのではないか」
衆議院議員の宇田清治郎は、こんな疑惑を糾弾され、連日、メディアに追われていた。その最中、三歳になる孫娘が誘拐された。
「記者会見を開いて、おまえの罪を自白しろ。今まで政治家として犯してきたすべての罪を、だ」

犯人が提示したタイムリミットは翌日の午後五時。
動機は宇田清治郎への怨恨か。それとも、総理の罪を暴くことにあるのか。
警察は、思い当たる過去の罪を事前に打ち明けてくれ、と宇田を説得する。
保身のための駆け引きに長けた「官邸サイド」と対峙するのは、宇田家・次男の晄司。

宇田一族、総理官邸、警察組織――。
三者の思惑が入り乱れる中、刻々とタイムリミットが迫る。
晄司たち家族の戦いが始まる!

政治家一族の身内が誘拐されるという、現実的に起こりうる危機を、圧倒的な迫力で描き出すサスペンス大作!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
『誘拐サスペンス』の傑作が誕生しました!
巨大ダムの水を人質代わりに身代金を要求する『ホワイトアウト』を書いた著者ならではの、予測不能の物語!
自白を迫られる政治家宇田が、隠そうとする罪の一つが、総理の「オトモダチ利権」にまつわる疑惑!
現実世界で起きている事件を髣髴とさせる、政治家たちの「駆け引き」も、読みどころの一つです。
商品情報
書名(カナ) オマエノツミヲジハクシロ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2019年04月15日
ISBN 978-4-16-391004-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る