作品紹介

韓国では発売後、3週間で10万部を超える異例のベストセラーに。
「これは禁書になるかもしれない」と今も話題騒然の、元北朝鮮外交官による暴露本。

金日成に憧れ、金正日に信頼され、そして金正恩を捨てた――。
30年間にわたり平壌心臓部を生き抜いた男が、金政権中枢の真実を次々と明かす!

・金日成が指示した「ローマ教皇招聘計画」
・ミサイル輸出をめぐるイスラエルとの極秘交渉
・密輸で外貨を稼ぐ外交官たち
・日朝平壌宣言の敗北と偽遺骨問題
・金正男の偽造パスポート事件
・大韓航空機爆破事件の金賢姫は同窓生だった
・金正恩が恐怖政治に頼る本当の理由
・張成沢処刑の引き金を引いた人物
・金正哲と過ごした61時間の全貌

【目次】

■日本語版への序文

■序 章 脱北後に見た世界

《第一部 平壌心臓部の内幕》
■第1章 核兵器開発はこうして始まった
ローマ教皇招聘計画/中ソの圧力で国連加盟/日朝国交正常化に失敗/イタリアと接
近/毛沢東の牽制/核拡散防止条約脱退/金日成の死/米朝枠組み合意で時間を稼
ぐ/深刻化する食糧危機/イギリスの秘密接触/義父の粛清/駐デンマーク大使館へ

■第2章 対イスラエル極秘ミサイル交渉
北朝鮮外交官がたばこを密輸/公表されなかった「張成沢逮捕」/デンマークからの
食糧支援/金一族への献上品/主体思想創始者が脱北/医療費が払えない/スパイリ
スト捏造/同僚の粛清/金正日の激賞/金大中当選/イスラエルとの極秘交渉/帰国

■第3章 金正日と小泉純一郎
徹底した帰国審査/イギリスと国交樹立/ブッシュ政権への警戒/人権問題を隠れ蓑
に/金正日の二枚舌外交/九・一一で状況一変/アメリカの意図を探れ/イギリス大
使館開設/APTN平壌支局/日朝平壌宣言の衝撃/偽遺骨問題/貨幣改革で大混乱

――監訳者解説1 本書が明らかにした北朝鮮外交の舞台裏

■第4章 アメリカの真意は見抜かれていた
駐英大使館に課された使命/利用されたイギリス/韓国人からゴルフレッスン/北朝
鮮の中枢機関「三階書記室」/テポドン発射と初の核実験/激怒した中国/有名無実
の六カ国協議/北朝鮮官僚がホームステイ/エリック・クラプトンに平壌公演を依頼

■第5章 金正恩の変節と粛清
同僚の思想調査/党と行政の権力闘争/金正日の決裁が下りず現場混乱/それは暗殺
計画だったのか?/後継者候補から外れた金正男/貨幣改革に国民が抵抗/延坪島砲
撃事件/金正日から金正恩へ/束の間の改革開放/戻ってきた恐怖政治/張成沢処刑

■第6章 亡命前夜、金正哲との六一時間
長男との別れ/金正恩の隠された生母/性奴隷と化した女学生たち/一万人粛清/文
字が読めない中学生/北朝鮮軍部がイギリス政府を脅迫/三階書記室の暗号/金正哲
の極秘訪問/ギター店巡り/エリック・クラプトンの公演/日本メディアがスクープ

――監訳者解説2 北朝鮮の中枢組織「三階書記室」

《第二部 南北統一へ》
■第7章 陸軍中野学校が教科書だった
平壌外国語学院/少年留学生に選抜/思想教育/アサド大統領との取引/身分を偽り
中国留学/毛沢東の死/鄧小平の台頭/金日成と記念写真/国際関係大学/北朝鮮流
交渉術/陸軍中野学校を模範にせよ/夜間突撃隊/念願の入党/留学生粛清の始まり

■第8章 「地上の楽園」の実像
貧農だった祖父/土地改革で地主一掃/一族の運命を変えた朝鮮戦争/韓国軍に村が
占領される/近代化に沸いた六〇年代/金日成の写真で作ったメンコ/エリート教育
の実態/金賢姫は同窓生/大韓航空機爆破事件/金日成政治軍事大学総長の娘と結婚

■第9章 金王朝の崩壊が始まった
金日成と李舜臣/金日成の回顧録/〝黄金期〟を知らない子どもたち/中国での集団
脱北/長男への帰国命令/家族で脱北/奴隷社会と化した国/中国製メディア・プレ
ーヤーと携帯電話の普及/経済制裁は効いている/市場と韓国コンテンツが統一の鍵

――監訳者解説3 太永浩氏とその一族

■終 章 私の罪と償い

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) サンカイショキシツノアンゴウ キタチョウセンガイコウヒロク
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年06月15日
ISBN 978-4-16-391038-3
Cコード 0098

著者

太永浩

李柳真翻訳

黒河 星子翻訳

鐸木 昌之翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る