作品紹介

これまでの単なる連続線上には日本の繁栄も幸せもない――政府が隠し続けてきた日本の危機の真相を、国民民主党の若き代表が暴きます。これ以上先延ばしできない32の問題について、真実の情報を公開し、チャレンジングな解決策を提示。ツイート形式で問題点のヤバさが簡単にわかります。日本の政治がここから変わる! 代表的な論点は次の通りです。
・第3子に1000万円給付「コドモノミクス」の明るい未来/・無理な年金政策よりもベーシックインカムが老後を救う/・景気がよくなっても生活が楽にならないのはなぜか/・お金持ちばかりが得をする税制/・愛子天皇を可能に 皇室典範の改正を急げ/・「介護離職ゼロ」を本当に実現するには/・「原発ゼロ」社会は本当に実現するのか/・「高齢者の足」が奪われている 自動運転が地方を救う/池江璃花子さんに再び笑顔を 骨髄移植を簡単に受けられる社会に/・WHOが認定 ゲーム依存は病気なのだ/・児童虐待は30年で120倍以上! 児童相談所が足りない/・経済大国復活へ 突破口は「働き方改革」より「副業の解禁」/・日本には理工系人材が少なすぎる/・アベノミクスで得をしたのは外国人株主と政府だけ/・東京オリンピック いくらかかるか誰も知らない……/・沖縄問題は地位協定の見直しこそ独立国家の責務/・硫黄島「米軍勝利の碑」の撤去を願う/・安倍改憲は「百害あって一利なし」/・麻生大臣「報告書受け取り拒否」でこの国のかたちが壊れた!/・「移民政策はとらない」という建前をやめよう/・このままでは悠仁さま即位のときに皇族がいなくなる/大坂なおみ選手に続け! 国籍を超えたカラフル・ジャパンへ/・北方領土交渉は一度白紙に戻したほうがよい/・最悪の日韓関係 こればかりは韓国側に自制を求めたい

担当編集者より
日本の政治に新しい風が吹いています。これまで政党の代表といえば、ベテラン議員というのがイメージでした。玉木さんは49歳! ツイッターで若い世代の有権者ともつながる、新しい時代の政治家です。その玉木さんが、ツイートの手法を活用しながら、日本の危機と処方箋をわかりやすく示しました。Q&A部分を読むだけで、簡単に日本の抱える問題と、必要とされる対策がわかります。これまでの政治家本にはない切れ味をお楽しみください。
目次
1 本当にヤバイ6つの論点
・第3子に1000万円給付「コドモノミクス」の明るい未来
・無理な年金政策よりもベーシックインカムが老後を救う
・景気がよくなっても生活が楽にならないのはなぜか
・お金持ちばかりが得をする税制
・愛子天皇を可能に 皇室典範の改正を急げ2 暮らしがヤバイ
・「介護離職ゼロ」を本当に実現するには
・「原発ゼロ」社会は本当に実現するのか
・「高齢者の足」が奪われている 自動運転
が地方を救う
3 社会がヤバイ
・池江璃花子さんに再び笑顔を 骨髄移植を簡単に受けられる社会に
・WHOが認定 ゲーム依存は病気なのだ
・児童虐待は30年で120倍以上! 児童相談所が足りない
4 仕事がヤバイ
・経済大国復活へ 突破口は「働き方改革」より「副業の解禁」
5 教育がヤバイ
・日本には理工系人材が少なすぎる
6 経済大国がヤバイ
・アベノミクスで得をしたのは外国人株主と政府だけ
・東京オリンピック いくらかかるか誰も知らない……
7 戦争がヤバイ
・沖縄問題は地位協定の見直しこそ独立国家の責務
・硫黄島「米軍勝利の碑」の撤去を願う
・安倍改憲は「百害あって一利なし」
8 この国のかたちがヤバイ
・麻生大臣「報告書受け取り拒否」でこの国のかたちが壊れた!
・「移民政策はとらない」という建前をやめよう
・このままでは悠仁さま即位のときに皇族がいなくなる
・大坂なおみ選手に続け! 国籍を超えたカラフル・ジャパンへ
9 お隣さんがヤバイ
・北方領土交渉は一度白紙に戻したほうがよい
・最悪の日韓関係 こればかりは韓国側に自制を求めたい

あとがき
商品情報
書名(カナ) ニッポンヤバイ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年07月05日
ISBN 978-4-16-391068-0
Cコード 0095

著者

玉木 雄一郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る