作品紹介

70歳以上のいまだ現役アスリート24組を1年がかりで取材。下は71歳の体操選手から上は89歳の棒高跳びの選手まで。自身の事情だけでなく伴侶をはじめとする家族の事情で、ここまで長く競技生活を続けるのは非常に困難なこと。それらをどう乗り越え、今でもはつらつと競技に打ち込んでいるのかを掘り下げる――。


マスターズ体操競技会のパイオニアである長田幸子さん(71)は言う。
「60歳で出場した時は『バカじゃないか』と言われました。でも仲間と『あと1年頑張ろう』『あと1年やってみよう』と励まし合って、ここまで来たんです。こうなったら体操は何歳までできるのか、試してみたい、好奇心というか冒険ですね」

なぜ彼らは、競技をやめないのか。24通りのその理由を知ると、自分もまだこれから、と思える。

50代が一番伸びしろがあります(藤岡裕子 77歳 走幅跳)
去年と同じなら記録は伸びていると言っていい(西岡政恵 86歳 競泳)
かつて強かった人との差もなくなっていく(山本健夫 81歳 柔道)
バレーボールのおかげで体が甦りました(保谷和子 80歳 バレーボール)
死ぬまでやろうよ、ということなんです(厚木昭之 84歳 野球)
現役に戻ることで、体力をつけようと思った(長田幸子 71歳 体操競技)
老化していくバランス感覚を回復させる(福田絋史 77歳 ボート)
死ぬまでの時間つぶしなんです(桂川孝三 80歳 ウエイトリフティング)
夢中になれば、つらいことも忘れられます(佐藤美千恵 74歳 ソフトボール)
「闘える」こと自体によろこびを感じる(山田孝 75歳 空手)
筋力はアップしました(齋藤惠美子 87歳 テニス)
老人臭くないでしょ(西川博孝 73歳 フェンシング)
人生は勝負じゃないですか(髙木富子 83歳 卓球)
アーチェリーは子供みたいなもの(柳田一江 81歳 アーチェリー)
ほか。

目次
走幅跳 藤岡裕子(77歳)
競泳 背泳ぎ 西岡政恵(86歳)
柔道 山本健夫(81歳)
バレーボール 保谷和子(80歳)
野球 厚木昭之(84歳)
体操競技 長田幸子(71歳)

ボート 福田紘史(77歳)
サッカー 西脇俊煕(80歳)
ウエイトリフティング 桂川孝三(80歳)
競泳 自由形 大崎喜子(80歳)
ソフトボール 佐藤美千恵(74歳)
空手 山田孝(75歳)

スポーツクライミング 久保田修弘(74歳)
砲丸投 岡本美和子(83歳)
馬術 武宮忠彦(71歳)
テニス 岩﨑貴久子(86歳)齋藤惠美子(87歳)
フェンシング 西川博孝(73歳)
ライフル射撃 山田祐治(79歳)

卓球 髙木富子(83歳)増田ワカ(83歳) アーチェリー 柳田一江(81歳)柳田光蔵(82歳)
バドミントン 青木芳子(86歳)
棒高跳 鳥谷宗弘(89歳)
100m 中村紀子(79歳)
マラソン 熊本道夫(87歳)
商品情報
書名(カナ) イッショウショウブ マスターズ オブ ライフ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年03月25日
ISBN 978-4-16-391185-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る