作品紹介

世界の覇権をめぐり、アメリカと中国は今や、抜き差しならぬ関係にあります。特に両国の企業間では、熾烈な争いが繰り広げられています。
2018年12月、中国ファーウェイの副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟が米司法省の要請により、カナダ政府に逮捕されました。この事件は、米国が中国のIT・ネット産業をいかに「脅威」に感じているかを物語っています。

これまで世界経済を牽引してきたGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)を、中国Big4(バイドゥ、アリババ、テンセント、バイトダンス)が猛追し、肉薄しているのです。

果たして勝者となるのは誰なのか?
「コロナ後」を狙う新興勢力の雄とは?

アメリカ勢のグーグルのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、アップルのスティーブ・ジョブズとティム・クック、フェイスブックのマーク・サッカーバーグ、アマゾンのジェフ・ベゾス、マイクロソフトのビル・ゲイツとサティア・ナデラ……。対するは中国を代表するファーウェイの任正非と孟晩舟、ハイアールの張瑞敏、レノボの柳伝志、滴滴出行の柳青、バイドゥの李彦宏、アリババの馬雲、テンセントの馬化騰、バイトダンス(ティックトック)の張一鳴、メグビーの印奇……。

『東芝 原子力敗戦』『起業の天才!』の著者が、
彼ら「天才起業家」たちの実像を描きながら、その勝負の行方を占う、世界経済の最新入門書です。

目次
◎本書目次と主な登場人物
序 章 「石油の世紀」から「データの世紀」に 
第1章 それはヒッピーとオタクから始まった 
    スティーブ・ジョブス(アップル)/ビル・ゲイツ(マイクロソフト)
第2章 GAFAM誕生
    ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン&シェリル・サンドバーグ&サンダー・ピチャイ(グーグル)/ジェフ・ベゾス(アマゾン)/マーク・ザッカー・バーグ(フェイスブック)/ティム・クック(アップル)/サティナ・ナデラ(マイクロソフト)
第3章 驚異の昇龍
任正非&孟晩舟(ファーウェイ)/張瑞敏(ハイアール)/趙偉国(紫光集団)/柳伝志(レノボ)/柳青(滴滴出行)/李彦宏(百度)/馬雲(アリババ)/馬化騰(テンセント)/馬一鳴(バイトダンス―ティックトック)/印奇(メグビー)

商品情報
書名(カナ) ガファムヴイエスチュウゴクビッグフォー デジタルキングダムヲセイスルノハダレカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年03月25日
ISBN 978-4-16-391282-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る