作品紹介

ボカロの声は、あなたの声だ。
表面付き合いだけのどんなクラスメイトよりも、この本こそがきみの本当の親友になってみせる。

「昨日聴いたボーカロイドが、今日の教養、明日の常識。君自身を議論する最先端講義。」
ーー河村拓哉(QuizKnock)

「ボカロのことを考えながら、いつの間にか深い教養の世界に浸ってるような講義です!」
ーーこうちゃん(QuizKnock)

立見続出、東大一の大人気講義、待望の書籍化!
2016年から駒場の東京大学教養学部で開講されている人気講義「ボーカロイド音楽論」。
毎年初回の授業は東大生数百人が受講、オンラインでの同時中継では千人を超える視聴者が聴講することも。もはや東大一の人気講義と言っていい。

ハチ(米津玄師)、wowaka、DECO*27、Neru、みきとP、kemu、はるまきごはん、Orangestar、ぽわぽわP……
主役のひとつは、シーントップ級のボカロPの楽曲たち。彼らの表現についてきみが感じていたことを、ジェンダー論、精神分析、記号論などを用いて、きみとともに批評していく。
哲学なんて道具にすぎない。けれども、ぼくらはボカロについて考えるうちに、その哲学を自然と体得していくことになる。読み終わるころには、フーコー、ソシュール、ラカン、バトラーは全員きみの友達だ。

つまりは、「2020年代の教養」のすべてがこの1冊にある。
学術書として読んでよし、教養として読んでよし、娯楽書として読んでよし。対象年齢は10代以上の全員です。10代には10代の、50代には50代の「気づき」があるワンダーランド。そして読後には、あなたは現代の時代精神を知る。

初音ミクが静かに始めた革命は、10年以上をかけて大きく進行していたのです。
キーワードは「アンチ・セクシュアル」。乗り遅れないで。
最先端の同時代論=表象文化論、ここに爆誕です!

・カバーイラストはあのアボガド6さん!

・ほぼ全見開きにボカロ曲レビュー掲載。総計240曲レビュー!

担当編集者より
初音ミクが何をなしとげたのか。それはフランス革命に匹敵する民衆の解放である! 初老、男性、ガチ右翼である担当編集をしてそう言わしめた傑作! 目から落ちたウロコの多いこと。かつては顔がいいか、声がいいかしないと歌手にはなれなかったが、ボカロの登場で、誰もが歌手になれる時代がやってきたのである。これを革命と言わずして何と言うのか。編集しながら初めて聞いたボカロの曲も、食わず嫌いだったなあと痛感。
商品情報
書名(カナ) トウキョウダイガクボーカロイドオンガクロンコウギ
ページ数 520ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製
初版奥付日 2022年07月15日
ISBN 978-4-16-391362-9
Cコード 0095

著者

鮎川 ぱて

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る