単行本

台北野球倶楽部の殺人

1,760 (税込)
発売日2022年08月25日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) タイペイヤキュウクラブノサツジン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年08月30日
ISBN 978-4-16-391586-9
Cコード 0097

松本清張のミステリーを彷彿とさせる台湾・島田荘司賞受賞作!

時刻表を駆使したアリバイ崩しと台湾現代史に刻まれた悲劇をめぐる人間ドラマが松本清張を彷彿とさせる傑作ミステリー。
第6回金車・島田荘司推理小説賞受賞作。

昭和十三年、日本統治下の台湾・台北市。台北駅からほど近い喫茶店「グランドスラム」では野球愛好家の集まり「球見会」の定例会が開かれていた。
日本でプロ野球が発足してまだ三年目。当時もっとも注目されていたのは東京六大学野球で、この夜も話題の中心は早慶戦ともう一つ、台湾の高雄商業学校のエース兼四番バッター大下弘だった。球見会には六大学のOBが参加していて、彼らは大下を自分たちの出身大学にスカウトすべく鍔迫り合いを演じていた。
そんな折、球見会の会員二人が別々の列車内で不審な死を遂げた。この会の唯一の本島人(台湾人)会員・陳水金は台北の北鉄新店線萬華駅で、慶應OBの藤島慶三郎は高雄駅で台北から乗車した寝台列車の中で発見された。
台北南署の刑事・李山海とその相棒の北澤英隆は高雄署とも協力し事件の謎を追う。果たして二人の死には、「明日の球界を背負う逸材」大下弘のスカウト合戦が関係しているのか、それとも……?

担当編集者より

終戦直後の日本プロ野球界において、「赤バットの川上」こと川上哲治と並び称された「青バットの大下」こと大下弘。その大下がじつは台湾の高校(当時は中学)出身だったのをご存知でしょうか? 著者の唐嘉邦さんはこの大下の経歴に目を付けて、日本統治下の台湾を舞台に巧緻なミステリを書き上げました。
〈台北の野球ファンの集まり「球見会」では、東京六大学のOBたちの間で大下のスカウト合戦が勃発していた。ある夜、会員の二人の死体が別々の列車の中で発見される。球見会の会員たちのアリバイと動機を洗い直していくうち、事件の裏には数年前の抗日武装蜂起・西来庵事件が関わっていることが判明する。〉
 本格ミステリの大御所・島田荘司さんの名を冠した賞に輝きながら、その作風はまさに松本清張風。島田さんも本作の社会派ミステリとしての重い手応えを称賛し、物語の背景にある日本統治下の台湾の悲劇は、「日本人に記憶されるべき重大な史実である」と指摘しています。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

台北野球倶楽部の殺人

1,760 (税込)
発売日2022年08月25日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) タイペイヤキュウクラブノサツジン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年08月30日
ISBN 978-4-16-391586-9
Cコード 0097
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト