作品紹介

“家族のかたち”を守るため、あの日わたしは自分を殺した。親との関係に悩むすべての人へ――失われた感情を取り戻す、ヤングケアラーの実録コミック!

統合失調症の母、家庭に無関心な父、特別扱いされる弟、 認知症の祖父――ゆいは幼稚園のころから、買い物・料理・ そうじ・洗濯など家族の世話を一手に担っている。母親の暴力に耐えながら「子どもらしさ」を押し殺して生きるのに精一杯だった彼女の子ども時代と、成人してからの「ヤングケアラー」としての自覚。 仕事、結婚、子育てを通じて、悩みにぶつかりながらも失われていた感情を取り戻すまでの再生の物語です。

『精神科ナースになったわけ』『まんが やってみたくなるオープンダイアローグ』( 共著:斎藤環)ほか医療系コミックで累計25万部の著者が、2年以上の当事者取材から描きおろす最新作です。「ヤングケアラー」について理解を深めるコラムや、ヤングケアラー支援団体の紹介ページも収録。(※10代の当事者も読めるよう、総ルビとなっています)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
第1話 ゆいちゃんはヤングケアラー
第2話 私はロボット
第3話 ぜんぜん動かない
第4話 よし、感情をなくそう
コラム となりのヤングケアラー
第5話 限界
第6話 精神科病院の穏やかな日々
第7話 母のことを知りたい
第8話 自分のために泣く
第9話 私だけ年を取っているみたいだ。
第10話 仕事と感情
コラム 大人のヤングケアラー
第11話 お母さんを、どうする?
第12話 「ふつうの家族」に憧れて
第13話 子育てとフラッシュバック
第14話 感情よかえってこい
コラム ヤングケアラーの再生
最終話 母と娘
Information:精神障がいの家族をもつ人や、ヤングケアラーの支援団体の紹介
商品情報
書名(カナ) ワタシダケトシヲトッテイルミタイダ ヤングケアラーノサイセイニッキ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年10月30日
ISBN 978-4-16-391614-9
Cコード 0079

著者

水谷 緑

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る