単行本

解散ノート

1,760 (税込)
発売日2024年02月14日
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) カイサンノート
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 仮フランス装
初版奥付日 2024年02月14日
ISBN 978-4-16-391804-4
Cコード 0095

BiSH解散まで、リアルタイムで綴った生の記録

多くのファンに絶大な人気を誇りながら、2023年6月29日をもって解散したガールズグループBiSH。彼女たちが密かに「解散宣告」された2019年11月22日から東京ドームを超満員にしたラストライブまでの3年半の日々を、メンバーの一人モモコグミカンパニーがリアルタイムで、つぶさに書き留めていた。
小説を2作、エッセイを2作、作詞は17曲担当し、現在も幅広い活動を続ける彼女が、大きな苦悩と喜びに満ちた3年半を赤裸々に綴った、等身大の生の記録。

【主な目次】
2019年11月22日~2020年12月31日
「東京ドームで解散です」/「誰も悪くないよ」/「寂しいし、BiSHが好きだ」/「100分の1くらいでしょ」/「歌が下手」「ブス」/「嫉妬」/「スターみたいやな」/「芸能人オーラ、ゼロだね」/「生きろ!」でも「死ぬな!」でもない/「売り切れてなかったよ」/「“自由”という重荷」/「まずは世界を広げてみなよ」/「コントを書くか?」/「みんなで」/「全然歌ってないじゃん」

2021年1月1日~12月31日
「世の中の音はどうやって聞こえているんですか」/「残響」/「血の通ったものに、人は集まるよ」/「書くべきだ」/「BiSHをスターにする」/「本当に欲しいものは何だろう」/「濁りながらも、透き通っている」/「人のために」/「愛、愛、愛」/「早く、安心したいね」/「いや、本当に、ごめんな」/「今日ほど幸せなことはなかった」/「解散発表」/「散々眺めた夢の続き」

2022年1月2日~12月29日
「解散したあと、どうするの?」/「味方だから」/「女性の“カッコよさ”」/「帰巣本能」/「息のしやすい場所」/「みんなのことが全然分からなかった」/「うちら、もう大人だね」/「自分の傷は自分で」/「小さな恋のうた」/「宝物」/「棘の中の優しさ」/「私はこれでいい」/「ここで死ねなきゃどこで死ぬんだよ」/「別に、バイトとかでもいいよね」/「強くなったよね」/「なんだかすごくアイドルみたいだ」/「コロナ禍での支援ありがとう」/「助けてもらおうと思うな」/「だから、一緒に生きよう」/「固い結び目の解き方」/「グループの輪」/「“普通”に怯えながら“普通”に憧れていた」/「解散やめない?」/「サイレントコント」/「殺し合い消える前に」/「第2期BiSH」

2023年1月10日~6月29日
「残り半年」/「涙が花びらに」/「絆は縛りつけるものでもある」/「そんなモモコが東京ドームに立つんだもんな」/「生きたい」/「桜が散る前に」/「逃げたくて仕方ないとき」/「もう東京ドームは始まってる」/「凱旋」/「花束」/「温かな血」/「一人になるってこんな感じか」/「残り10日」/「永遠の7日間」/「現実」/「for Never」

夢から醒めたあとで

目次

2019年11月22日~2020年12月31日
「東京ドームで解散です」/「誰も悪くないよ」/「寂しいし、BiSHが好きだ」/「100分の1くらいでしょ」/「歌が下手」「ブス」/「嫉妬」/「スターみたいやな」/「光の方へ行こう」/「芸能人オーラ、ゼロだね」/「解散まで頑張ってください」/「生きろ!」でも「死ぬな!」でもない/「売り切れてなかったよ」/「“自由”という重荷」/「次は何をしよう」/「まずは世界を広げてみなよ」/「絶対できると思うから応援する」/「コントを書くか?」/「みんなで」/「全然歌ってないじゃん」

2021年1月1日~12月31日
「世の中の音はどうやって聞こえているんですか」/「誰からも求められていない」/「残響」/「甘すぎる」/「血の通ったものに、人は集まるよ」/「書くべきだ」/「小説の世界」/「BiSHをスターにする」/「本当に欲しいものは何だろう」/「濁りながらも、透き通っている」/「人のために」/「愛、愛、愛」/「早く、安心したいね」/「いや、本当に、ごめんな」/「『誰だこいつ』って思われるよね」/「今日ほど幸せなことはなかった」/「解散発表」/「散々眺めた夢の続き」

2022年1月2日~12月29日
「解散したあと、どうするの?」/「味方だから」/「女性の“カッコよさ”」/「帰巣本能」/「声をきかせて 大きな声で」/「過去になんて戻りたくない」/「偽物の安心」/「戦う場所」/「息のしやすい場所」/「強く生きてください」/「みんなのことが全然分からなかった」/「うちら、もう大人だね」/「自分の傷は自分で」/「限りのある声」/「小さな恋のうた」/「全てが移り変わっていっている」/「なくなるものがあるのは当たり前だ」/「どれだけBiSHでいられるか」/「宝物」/「完璧じゃなくても一つになろう」/「棘の中の優しさ」/「私はこれでいい」/「失うものなどもう何もない」/「ただ、前に進みたい」/「生まれ変わってまたやり直す必要がないように」/「ここで死ねなきゃどこで死ぬんだよ」/「別に、バイトとかでもいいよね」/「強くなったよね」/「もう、誰にも迷惑かけたくない」/「なんだかすごくアイドルみたいだ」/「少し声が出やすくなった」/「コロナ禍での支援ありがとう」/「誰も置き去りにしない」/「どの瞬間に勝負をかければいいのか」/「足跡」/「だから、一緒に生きよう」/「助けてもらおうと思うな」/「『死にたい』とかそんな抽象的なことじゃなくて」/「固い結び目の解き方」/「今、ここにないもの」/「踏ん張っていくしかないね」/「そのまま抱きしめていてください」/「もっともっと周りに感謝しなくちゃいけないな」/「心臓を抉って分けてくれているような気がする」/「私たちを知らない人へ」/「ステージがなかったら本来の自分に戻れるのに」/「グループの輪」/「自分らしく生きたい」/「“普通”に怯えながら“普通”に憧れていた」/「“ファン”という人」/「解散やめない?」/「その人らしく笑える場所」/「サイレントコント」/「殺し合い消える前に」/「第2期BiSH」/「また絶対来ますね」/「凍らない街」/「歓声と静寂」/「懐かしい匂い」

2023年1月10日~6月29日
「残り半年」/「涙が花びらに」/「あと少しだから頑張って」/「絆は縛りつけるものでもある」/「そんなモモコが東京ドームに立つんだもんな」/「生きたい」/「桜が散る前に」/「逃げたくて仕方ないとき」/「もう東京ドームは始まってる」/「凱旋」/「花束」/「温かな血」/「一人になるってこんな感じか」/「残り10日」/「永遠の7日間」/「現実」/「for Never」

夢から醒めたあとで

おすすめ記事

もっと見る

※外部サイトへリンクしている場合もあります

著者

モモコグミカンパニー

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

解散ノート

1,760 (税込)
発売日2024年02月14日
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) カイサンノート
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 仮フランス装
初版奥付日 2024年02月14日
ISBN 978-4-16-391804-4
Cコード 0095
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 佐伯泰英特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト