作品紹介

なんと天皇のお写真のスクープにも貢献! つい先ごろまで新聞社の重要な通信手段だった伝書鳩。その知られざる実態に丹念に迫る

担当編集者より
今の私たちは、鳩といえば駅前や公園のドバトを連想しがちですが、かつては新聞社のスクープ合戦の一翼を担う鳩もいました。海上や山間や僻地から写真などを身に帯び、隼や鷹の襲撃をかわしつつ、ときには数百キロという遠路を社屋目指して飛び帰る伝書鳩は、いわば当時の花形通信手段だったのです。著者は、明治期、軍用鳩として西洋より導入されてから、近年、レース鳩へと転身するまでのその歴史を、丹念な取材でたどりつつ、鳩が秘めた驚くべき能力の謎にも迫ります。(SH)
商品情報
書名(カナ) デンショバト モウヒトツノアイティー
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2000年12月20日
ISBN 978-4-16-660142-4
Cコード C0265

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る