作品紹介

ハングルが日本語の謎を解き明かす

仮名、漢字、外来語と様々な文字が入り乱れる日本語は不思議な言語。その面白さは、近くて遠い韓国語とハングルから見えてくる!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
日本語は不思議な言語です。仮名、漢字、外来文字と様々な文字が他では考えられないほど入り乱れています。ある言語の特徴は他言語との比較から初めて見えてきます。例えば学校で「S(主語)V(動詞)O(目的語)」という英文法に触れた人ならば、そこで日本語との違いを実感したはずです。しかし実は、英語や中国語以上に、似た文法の韓国語と現代言語学にも匹敵する言語思想を基礎に人工的につくられたハングル文字との比較を通して、日本語の面白さはよりはっきりと見えてきます。そのことを教えてくれる画期的な本です。
商品情報
書名(カナ) ニホンゴトハングル
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2014年04月20日
ISBN 978-4-16-660973-4
Cコード 0295

著者

野間 秀樹

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る