作品紹介

いま「お金」の現場で何が起きているのか。
すさまじいスピードで変化している状況をリアルに伝える。

デジタル革命がもたらしたフィンテック--AI(人工知能)を利用したビッグデータ分析、仮想通貨、中央銀行が発行するデジタル通貨、進むキャッシュレスレス化など--は、私たちの生活を大きく変えつつある。

仮想通貨がブームとなり、各国の中央銀行はデジタル通貨の発行を検討している今、世界では現金が消えつつある。キャッシュレス大国のスウェーデンや中国では、すでに現金を使う機会は激減している。

現金は消え、「お金」はデジタル情報となってネットの世界を駆け巡っている。
スマホとインターネットを通じて常に誰かとつながる時代、個人のあらゆる購買や行動は記録され、そのデータを企業が奪い合う時代に突入した。

こうした変化は必然的に銀行や保険会社のビジネスモデルにも大きな影響を与えている。
もはや銀行の競争相手はプラットフォーマーだ。単純な事務作業はロボットが担う時代、銀行員の本当の仕事とは何か。
保険会社もデジタル化によってビジネスモデルが変わってしまった。もはや「まさかのときの保険」という時代ではない。

いま「お金」の世界で何が起きているのか、そして未来はどうなるのか。経営者、投資家、金融関係者、学識者ら100人以上の取材をとおして、いま私たちが置かれている状況を描き出す。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
いまデジタライゼーションが世界で猛威をふるっています。その影響が大きいのが、私たちの身近な「お金」の世界。

一例をあげますと、キャッシュレス大国である中国の皆さんは、現金大国の日本へ来ると、財布を買うそうです。もう、これほど日常生活が違っている!

では、これから私たちの生活はどうなるのでしょうか。それを教えてくれる一冊です。
商品情報
書名(カナ) エーアイガカエルオカネノミライ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2018年11月20日
ISBN 978-4-16-661193-5
Cコード 0295

著者

坂井隆之・宮川裕章+毎日新聞フィンテック取材班

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る