作品紹介

 著者は言う。「質問は、大事です。質問は答えより大事です。質問がないと答えが見つからない。質問があって、答えが見つからないから、その問題を考え続けることができる」
 キリスト教のことを考えると、いまさら聞けない質問・疑問がいくらでも出てくる。
 例えば、「神さまはいるのか」「神さまは男か、女か」「人間は罪があるのか」「天使はどんな存在か」「地獄はどんなところか」。
 なかなか聞けないことばかりだ。そんな質問・疑問に、著者は明解に答えていく。というよりも、キリスト教ではそれらをどう考えるかを明らかにしてくれる。
 その解答をとおして、キリスト教の理解が深まることはもちろんだが、著者は、信仰するとはどういうことか、さらには人生や死とは何なのかに分け入っていく。というのは、キリスト教は、そうした人間が考えそうな問題について全部考えてきたことになっているからだ。
 それは読めばスリリングな論考である一方で、人に思考を激しく強いるものでもある。目の前がパッと開けること、請け負いだ。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
はじめに

1 神さまは、いますか
2 神さまはなぜ、世界を造りましたか
3 神さまは、男ですか、女ですか

【牧師さんたちの説教9選】
【説教1】葉っぱのフレッド

4 神さまは毎日、何をしていますか
5 ユダヤ民族は、どういう人びとですか
6 モーセの「十戒」とは、なんですか
7 預言者とは、どんなひとですか

【説教2】麻薬の売人から、神学校の教授に

8 人間は、罪があるのですか
9 人間は、なぜ不完全なのですか
10 重い病気になるのは、罰ですか

【説教3】残念なレストランの、チップ

11 なぜイエス・キリストが十字架で死ぬと、人類が救われますか
12 新約聖書と旧約聖書は、なぜ一冊になっていますか

【説教4】LGBTQは、罪なのか

13 天使は、どんな存在なのですか
14 地獄は、どんなところですか
15 天国は、どんなところですか
16 死んだら、天国に行くのですか

【説教5】ホームレスをハグする

17 ほんとうに、復活するのですか
18 誰が救われて、誰が救われないのですか
19 洗礼を受けると、救われますか

【説教6】あいつだけは赦せない

20 神父と牧師は、どう違いますか
21 どの教会に行けばいいですか
22 教会に来るのは、よいひとですか
23 盗んだお金を、献金するのはいけないことですか

【説教7】警察に連絡してよかったのか

24 なぜあるひとは、天才ですか
25 科学の時代に、キリスト教は意味ありますか
26 クリスマスは、どんな日ですか
27 千年王国は、ほんとうに来ますか

【説教8】自分を責めてはいけない

28 福音派は、どういう人びとですか
29 ユニタリアンは、キリスト教ですか
30 モルモン教は、キリスト教ですか

【説教9】早く離婚させてよ

31 ユダは、悪いひとだったのですか
32 なぜ日本では、キリスト教が広まりませんか
33 聖書はなぜ、世界のベストセラーなのですか

あとがき
商品情報
書名(カナ) イマサラキケナイキリストキョウノオバカシツモン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2022年04月20日
ISBN 978-4-16-661353-3
Cコード 0295

著者

橋爪 大三郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る