作品紹介

日本を代表する女優の知られざる半生

高峰秀子を「かあちゃん」と呼ぶ著者が愛情をこめて描いた、大スターが歩んできた知られざる苦難の道と、現在の清冽で自由な生活

担当編集者より
日本を代表する大女優高峰秀子の栄光の歴史は、実は数多の重荷を背負って歩んできた苦難の道でもあった。高峰を敬愛し、「かあちゃん」と呼んで親炙する著者が、その凄絶な前半生と、世俗のしがらみを一切捨て去って到達した現在の自由、かつ清冽な生き方を、本人への直接取材を基に詳細に描いた感動の評伝。解説・皆川博子
商品情報
書名(カナ) タカミネヒデコノステラレナイニモツ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年03月10日
ISBN 978-4-16-765658-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る