文庫

使ってみたい武士の日本語

524 (税込)
発売日2008年09月03日
商品情報
書名(カナ) ツカッテミタイブシノニホンゴ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年09月10日
ISBN 978-4-16-775306-1
Cコード 0195

清左衛門が、小兵衛が、宗資が目に浮かぶ

「卒爾ながら」「それは重畳」「鞘走る」「肩衣をはねる」など時代小説中の言葉193を解説と引用で紹介。つぶやけば武士の気分に

担当編集者より

町人が「いっぺえやんねえ」なら、武士は「一つまいろう」と言った。平和が続き武士が「戦うもの」でなくなった江戸時代、武士を武士たらしめていたのは、身分社会の規則と武士の文化であり、その文化の中でも一番根底にあったのが、武家の言葉だ。本書では193の言葉を選んで解説し、珠玉の時代小説からの使用例を紹介。山本周五郎が、池波正太郎が、藤沢周平が描いた武士の作法やしぐさ、剣の奥義、江戸の四季などが、味わい深い言葉とともに甦り、武士の心を今に伝える1冊。(OA)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
文庫

使ってみたい武士の日本語

524 (税込)
発売日2008年09月03日
商品情報
書名(カナ) ツカッテミタイブシノニホンゴ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年09月10日
ISBN 978-4-16-775306-1
Cコード 0195
試し読み
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 佐伯泰英特設サイト