文春文庫

トランプがローリングストーンズでやってきたUSA語録4

町山智浩

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2018年10月06日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ

作品紹介

世界のバカはアメリカをめざす!
過激で“使えない”新語・失言がてんこ盛り!
サブカルから政治まで、マッドなアメリカがほとばしる、

「週刊文春」連載「言霊USA」をまとめた人気シリーズ、文庫化第4弾。
アメリカ在住映画評論家の町山智浩氏が、いまアメリカで起きているおバカな出来事、日本では考えられないハチャメチャなニュースを、現地で流行ったスラング、失言、名言をもとに面白おかしく、かつ歴史的な背景も絡めながら解説。
鋭い毒舌、切れ味抜群のギャグが、よりいっそう過激に炸裂!澤井健氏のイラストも完全収録。

今回は2015年3月からの一年間の掲載分をまとめている。大統領候補に名乗りを挙げたトランプの姿がようやくチラホラと現れ始めるが、町山氏もまだこの頃はトランプを本気で大統領になるとは思っていなかった。しかし、そうしたマッドな事態が起こりうる予兆は、この頃すでにアメリカを満たしつつあったのだ。
フランスのテロ、スターウォーズの新作映画(『フォースの覚醒』)や移民排斥問題など、ホットな話題が満載。また、ショーン・ペンのメキシコ麻薬王訪問の舞台裏や、知る人ぞ知るテキサスの「おっぱいレストラン」、ハッパでキメながら大統領選に立候補宣言したカニエ・ウェストなど、サブカルから政治まで、筆者の幅広い持ち味、ユーモアが存分に詰まった、ファン必読の一冊。

担当編集者より
1985年3月から1年間の掲載記事をまとめた本書、ついにトランプの姿がチラホラ見えはじめます。この男が本気で大統領に当選するなんて、この頃は誰も思っていなかった。しかし、この極端にアメリカ的な男を選んでしまう空気が、急速に煮詰まってきていることが分かるでしょう。まさ「マッドなアメリカは、一日にしてならず」。まるでジョーズのサメのように、不気味な影が姿を現しつつあるスリリングなアメリカを活写しています。
商品情報
書名(カナ) トランプガローリングストーンズデヤッテキタ ユーエスエーゴロク ヨン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年10月10日
ISBN 978-4-16-791162-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る