作品紹介

あのころ知りあいのだれもがなにかしらのウソをついて暮らしていた――

長く潜伏したあとでひょっこり姿をあらわした、良く似た姉妹による巧妙なウソ。
郵便受けに届いた1枚の葉書が呼び起こした、弟との30年前の秘密。
「語りとは騙りのことである」とうそぶく読書会の主宰者。
賢治の童話やフランドル派の絵画に秘められた寓意。
そして、記憶を失った青年たちと、自らの物語に生きる老婦人たち――。

消えゆく記憶の彼方、不在の人物の輪郭から、おぼろげに浮かび上がる6つの物語。

解説・東直子

担当編集者より
人はだれでも何かしらのウソをついて暮らしている――
名前、年齢、経歴、社会的立場、性別…物語が進めば進むほど謎が深まり、思いもよらない形の結末に、こちらはただ驚くしかない。

長野まゆみさんの短篇集には、そんな「たわいのないウソ」が、ちりばめられています。

味の違うチョコレートが詰まったボックスのような作品集。

ぜひバレンタインのプレゼントの1つとして、

小説好きの人に贈ってみませんか? (KK)
商品情報
書名(カナ) フランダースノボウシ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年02月10日
ISBN 978-4-16-791224-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る