作品紹介

累計2000万部の人気時代小説シリーズ「居眠り磐音」〈決定版〉

5巻「龍天ノ門」では、おこんに危険が迫ります。

おこんの慰労のために訪れた紅葉狩りでは、
狼藉を働く直参旗本に出くわし、
おこんが今津屋の女中だと知った旗本たちは
江戸市中に戻った後にも難癖をつけにやってきます。

さらに、狐火見物に出掛けた先でも、
おこんに災難が!
必死で探す磐音たち。
ページをめくる手が止まらなくなります。

果たして、おこんは無事なのか!?

初版の帯は、
2019年5月17日に公開される映画「居眠り磐音」で
おこんを演じる木村文乃さんのお写真です。

担当編集者より
豊後関前藩の内紛は終結したものの、
江戸で暮らす磐音の周囲は
相も変わらず騒動が頻発。
紅葉狩でも狐火見物でも、
おこんに危険が迫ります。

映画「居眠り磐音」
(2019年5月17日全国公開)では、
木村文乃さんが演じる
町娘・おこん。
読んでいるとなんとなく、
木村さんのお顔が浮かびます。
商品情報
書名(カナ) リュウテンノモン イネムリイワネ ゴ ケッテイバン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年04月10日
ISBN 978-4-16-791260-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る