作品紹介

〈〝世界最速の美術館〟に隠された不都合な真実とは――〉

越後湯沢で休暇中の画商・竹田幸太郎は、東京の自宅で妻子を殺され、新進の画家・渡辺久の絵を盗まれた。

だが、その絵は、越後湯沢―新潟間を走る観光列車「現美新幹線」になぜか渡辺の自選で展示される。

当の渡辺は渡米し所在不明に。捜査の糸口も摑めない十津川警部は絵の秘密を追い〝世界最速の美術館〟に乗り込むが……。

担当編集者より
「旅するアートカフェ新幹線」のキャッチフレーズの通り、現美新幹線は、各車両に現代アートを間近に鑑賞できるスペースが設けられた観光列車で、この展示のために制作された作品が並ぶことが大きな魅力です。本作でも、ある新進気鋭の画家の作品が展示されるのですが、その絵を詳細に検証する十津川警部。絵に隠された秘密とは? ご期待ください。
商品情報
書名(カナ) ゲンビシンカンセンサツジンジケン トツガワケイブシリーズ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年12月10日
ISBN 978-4-16-791397-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る