沢村さん家のこんな毎日

久しぶりの旅行と日々ごはん篇

726 (税込)
発売日2021年06月08日
ジャンル随筆・エッセイ
商品情報
書名(カナ) サワムラサンチノコンナマイニチ ヒサシブリノリョコウトヒビゴハンヘン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年06月10日
ISBN 978-4-16-791714-2
Cコード 0193

旅に出たいね、おいしいものを食べに

旅に出たいね、何かおいしいものを食べに。
平均年齢60歳、沢村さん家の日常を描いた心がじんわりあったかくなるホーム・コミック。

高齢になってきた父・四朗さん(70歳)と母・典江さん(69歳)は久しぶりの夫婦旅で函館へ。実家暮らしの40歳の娘ヒトミさんは初めてのひとり旅に挑戦したり、いつのまにか家族の外食を仕切る立場になったことをちょっぴり寂しく思ったり……。平均年齢60歳の沢村さん一家の日常を描いた「週刊文春」人気連載を2巻合本で文庫化。著者が沢村家を訪問する描き下ろし漫画も収録。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

単行本2冊分の「沢村さん家のこんな毎日」をギュッと1冊に詰め込んだお得な文庫版が完成しました。気軽に旅に出たり、仲間と集まってワイワイご飯を食べたり……という日常が「当たり前」ではなくなり、離れて暮らす家族にさえ会いにくくなってしまった昨今。マスクをしなくても大丈夫な世界に生きる沢村さん一家の賑やかな日々を覗き見すると、ホッとして元気になれます。著者の益田ミリさんが沢村家を訪問し「沢村さんたちの変わらぬ毎日を描くことで わたし自身が助けられました」と語る描き下ろし漫画も、ぜひ読んでほしいです。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
文庫

沢村さん家のこんな毎日

久しぶりの旅行と日々ごはん篇

726 (税込)
発売日2021年06月08日
ジャンル随筆・エッセイ
商品情報
書名(カナ) サワムラサンチノコンナマイニチ ヒサシブリノリョコウトヒビゴハンヘン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年06月10日
ISBN 978-4-16-791714-2
Cコード 0193
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用