作品紹介

「永原智です。はじめまして」そこそこ売れている50歳の引きこもり作家の元に、生まれてから一度も会ったことのない25歳の息子が、突然やってきた。孤独に慣れ切った世間知らずな加賀野と、人付き合いも要領もよい智。血の繋がりしか接点のない二人の同居生活が始まる――。明日への希望に満ちたハートフルストーリー。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
130万部突破の『そして、バトンは渡された』の次に書かれた本作。バトンでは、血の繋がらない家族の姿を描き、今回は逆に血の繋がりだけの関係しかない父子を描きます。そこそこ売れている引きこもり作家・加賀野のもとに、突然、25歳の青年・智がやってきます。智は、その存在は知っていたけれど今まで会ったことのない息子。健やかで人づきあいもいい智に振り回される加賀野ですが、少しずつ心の扉を開いていきます。瀬尾さんの温かくやさしいユーモアに包まれた小説です。
商品情報
書名(カナ) ケッサクハマダ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年05月10日
ISBN 978-4-16-791871-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る