文春文庫

八丁越新・酔いどれ小籐次(二十四)

佐伯泰英

  • 定価:825円(税込)
  • 発売日:2022年07月06日
  • ジャンル:歴史・時代小説

作品紹介

最後の難所・八丁越で、参勤行列を狙う者とは!?
大人気900万部シリーズ、ついにあと一巻で完結です。

小籐次と駿太郎を加えた参勤交代の行列は、森藩領地へと近づいていた。
国家老と結託した商人・小坂屋が親子を目の敵にする理由は、過去の因縁に
あるらしいのだが…
旅の中で多くを学ぶ駿太郎は、自分の剣に大きな軸が生まれたことを自覚し、
ひとつの決意をする。

参勤交代の列は、森城下を目指し玖珠山中へ。
最後の難所・「八丁越」に待ち構えるという12人の刺客とは何者なのか…
夜明けの霧が晴れた時、石畳の上に登場した刺客と対決する
小籐次は―――

主君の恥を雪ぐためたった独りで四藩を敵に回した「御鑓拝借」の
あの日からはじまった小籐次の物語。過去の出来事が、人の想いが
まわりまわって姿を現した時、この物語はついに完結に動き出す――

次巻、最終巻!

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
三河、瀬戸内海を経て、参勤下藩の一行とともに終着地・森城下を目指す小籐次は
玖珠山中、難所「八丁越」で12人の刺客と対決。

頼もしく成長しつつある息子・駿太郎と共に、小籐次の剣術が映えるシーンは必読です。

大人気シリーズ「酔いどれ小籐次」の長い物語は、次巻『御留山』でついに完結してしまいます。

森藩まで小籐次をつれてきた藩主の望みは果たして何なのか? 懐かしい江戸の人々の行く末は? 

『狂う潮』『八丁越』そして最終巻『御留山』。三カ月連続刊行のクライマックスです。

目次
第一章 大山積の石垣
第二章 剣術とは
第三章 野湯と親子岩
第四章 十二人の刺客
第五章 新兵衛の死
商品情報
書名(カナ) ハッチョウゴエ シンヨイドレコトウジニジュウシ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年07月10日
ISBN 978-4-16-791901-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る