作品紹介


2023年は司馬遼太郎生誕100年!

司馬さんが好きだった花に由来する〈菜の花忌〉。司馬作品にちなんだテーマで、パネリストたちが自由に意見交換をするシンポジウムは、司馬作品のさらなる魅力を見出す場として、定着している。

過去25回の中から17回分のシンポジウム、3本の講演を編んだ、文春文庫オリジナル。新たな気づきを与えてくれる貴重な記録。

目次抜粋)
「竜馬と司馬遼太郎」井上ひさし・檀ふみ・永井路子・松本健一/「二十一世紀に生きる君たちへ」安藤忠雄・井上ひさし・養老孟司/「司馬作品の輝く女性たち」田辺聖子・出久根達郎・岸本葉子/「『坂の上の雲』と日露戦争」篠田正浩・黒鉄ヒロシ・松本健一・加藤陽子/「3・11後の『この国のかたち』佐野眞一・高橋克彦・赤坂憲雄・玄侑宗久/「『関ケ原』——司馬遼太郎の視点」原田眞人・葉室麟・伊東潤・千田嘉博/「土方歳三と河井継之助——『燃えよ剣』『峠』より」小泉堯史・黒川博行・星野知子・磯田道史/「『胡蝶の夢』——新型コロナ禍を考える」澤田瞳子・澤芳樹・村上もとか・磯田道史

講演)福田みどり・養老孟司・沢木耕太郎

担当編集者より
菜の花が好きだった司馬さん。毎年2月12日の命日付近に
開催される菜の花忌シンポジウムは、今年26回目を迎えますが、
これまでの講演録を精選、1冊にまとめたのが本書です。
生前親しくされていた人からは意外なエピソードが飛び出したり、
自分と司馬作品との出会いを熱~く語る人、作品を斬新な切り口で読み解く人……。
司馬さんのガイド本としても最適です。      
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウヲカタル ナノハナキシンポジウム
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2023年02月10日
ISBN 978-4-16-792003-6
Cコード 0195

著者

司馬遼太郎記念財団編

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る