桜の木が見守るキャフェ

803 (税込)
発売日2024年04月09日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) サクラノキガミマモルキャフェ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2024年04月10日
ISBN 978-4-16-792199-6
Cコード 0193

『今宵も喫茶ドードーのキッチンで。』が話題の著者による書き下ろし小説登場!

満開の桜も素晴らしいけれど、散り際にも楽しみはある――。

『今宵も喫茶ドードーのキッチンで。』『伝言猫がカフェにいます』の著者が贈る、かけがえのない人生の物語。

庭にヤマザクラの大きな古木がある〈キャフェ チェリー・ブラッサム〉。祖母と母から受け継いできた洋館で、緋桜(ひお)は、季節の和菓子と茶を提供している。

訪れるのは、犬を連れて散歩にくる老人、長年連れ添う国際結婚の夫婦、保育園からの帰り道に通りがかった親子、自分が進むべき道に迷う少女……。

桜の木は、今日もゆったり、行きかう人々を眺めながら、各々が抱える悩みや秘めた思いに耳を傾け、静かに寄り添う。

四季の移ろいと人々の交流を、優しくゆったりと描く再生の物語。

文庫書き下ろし。

目次

第一章 開花
第二章 葉桜
第三章 紅葉
第四章 休眠
第五章 芽吹き

担当編集者より

「喫茶ドードー」「伝言猫」シリーズが人気の標野凪さん、記念すべき10作目の小説が、文春文庫に登場です。
主人公・緋桜(ひお)は、祖母・母から受け継いできた洋館で、季節の和菓子と茶を供するキャフェを切り盛りしています。
そこの庭に立つのは、樹齢百年のヤマザクラ。店を出入りする様々な人が、ふと打ち明ける悩みや迷いに、耳をそばだて、静かに寄り添い、エールを送ってくれる、なんとも頼もしい存在なのです。
物語を読み進めると、爽やかな風が通り過ぎ、これまで気づかなかったこと・見えなかったものに、ふと目がいくかもしれませんよ。 

著者

標野 凪

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入

桜の木が見守るキャフェ

803 (税込)
発売日2024年04月09日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) サクラノキガミマモルキャフェ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2024年04月10日
ISBN 978-4-16-792199-6
Cコード 0193
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト