作品紹介

本書は毎日新聞のキャンペーン報道「優生社会を問う」をベースに、
担当した2人の記者が書き下ろしたものです。

旧優生保護法が改正されて四半世紀近くが過ぎましたが、
障害者への社会の理解は深まったのでしょうか?
障害者を取り巻く環境は改善されたのでしょうか?

新型出生前診断(NIPT)が拡大するのを利用した数多のクリニックの「検査ビジネス」は急成長中で、「不安ビジネス」として社会問題化しています。
障害者施設が建設される際、いまだに周辺住民の反対運動が、最初の大きな壁となります。
そして、実の親による障害児の社会的入院、治療拒否……。

障害者入所施設・津久井やまゆり園(相模原市)での大量殺人が世間を震撼させている今日、
いまだ弱者が切り捨てられるわが国の現状を検証します。

目次
第1章 妊婦相手「不安ビジネス」の正体 新型出生前診断拡大の裏側 
第2章 障害者拒み「地価が下がる」 施設反対を叫ぶ地域住民 
第3章 見捨てられる命 社会的入院、治療拒否される子どもたち 
第4章 構図重なる先端技術 ゲノム編集の遺伝子改変どこまで 
第5章 「命の線引き」基準を決める議論 受精卵診断の対象拡大
第6章 誰が相模原殺傷事件を生んだのか 人里離れた入所施設 
第7章 「優生社会」化の先に 誰もが新たな差別の対象 
終 章 なぜ「優生社会」化が進むのか 他人事ではない時代に 

著者

千葉 紀和

上東 麻子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る