作品紹介

女性芸人といえば、当たり前のように「ブス」「デブ」「非モテ」をいじられ、そこで強烈なインパクトを残すことが成功への足がかりとされてきた。しかし、持って生まれた容姿や既婚かどうかといった社会的属性などを「笑う」ことに対して、今、世間は「NO」という意思表示をし始めている。
上沼恵美子、中島知子、青木さやか、Aマッソ・加納愛子……「個人としての感覚」と「テレビが求めるもの」、そして「社会の流れ」。三つの評価軸の中に揉まれながら生きてきた女性芸人たちへの「文春オンライン」連続インタビュー企画「女芸人の今」を、 書き下ろしのコラム5本と特別対談を加え書籍化。彼女たちの葛藤を通じて、日本社会における女性の立ち位置の変遷を追う。

<登場する女芸人>山田邦子、清水ミチコ、中島知子、青木さやか、ホルスタイン・モリ夫、鳥居みゆき、日本エレキテル連合、Aマッソ・加納愛子、納言・薄幸

目次
【女芸人と新時代】
Aマッソ・加納愛子 女が女にツッコむ意味
鳥居みゆき 女芸人と呼ばないで
コラム 声を上げ始めた女芸人たち

【女芸人と孤独】
山田邦子 「ブスいじり」とデビューした頃
中島知子 女性MCのむなしさ
コラム 組織を作れない女芸人たち

【女芸人とブレイク】
モリマン ホルスタイン・モリ夫 90年代のテレビといじめ
青木さやか ブレイクの呪い
日本エレキテル連合 仲良しコンビで何が悪い
コラム テレビは女芸人に何を求めてきたのか

【女芸人と逃げ】
清水ミチコ モノマネという「逃げ」
納言幸 やさぐれという「発明」
コラム 女芸人が実践した、「女」のかわし方

特別対談 Aマッソ・加納愛子×西澤千央 シスターフッドの時代
コラム 上沼恵美子論

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

著者

西澤 千央

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る