作品紹介

1億3000万人必読の“歴史教科書”

食糧難、闇市、交通地獄、間借り生活など、敗戦直後の混乱した世相・風俗をユニークな視点からうがち、常識と定説をひっくり返す

担当編集者より
敗戦直後、銭湯に行く時は、衣類を盗まれないよう包むため、みんな風呂敷を持参し、もし盗まれたら別の人から盗んで「これは取り換えなんだ」と自分に言い聞かせていました。そう、日本人すべてが盗みの犯人だったのです。だが、もう誰もがこんなことを忘れている、と著者は言います。食糧難、列車の殺人的混雑、間借り、闇市、預金封鎖、美空ひばり、復員野球、ラジオ文化など、日本の最も長かった敗戦直後の5年間を、本書は定説もくつがえすユニークな視点からふり返ります。(TC)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る