作品紹介

40年に及ぶ「近藤誠がん研究」の集大成!

医者として、科学者として、「がんの真実」を追究してきた近藤誠。そこで得た最終結論は、「検診しない、治療しないが一番!」

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
今年定年を迎えた近藤誠さんは、医者になった当初、自分がこんな本を書くようになるとは思わなかったそうです。しかし経験や知識を得るにつれ、がん治療が患者ではなく医者のために行なわれていることに気づくようになりました。今も様々な「最新治療」がもてはやされ、メディアには情報が溢れています。ワラにもすがる思いの患者が影響を受けてしまうのも無理はありません。しかし、断片的な情報に漠然と期待をかけるより、がんの基本的なしくみを理解する方がはるかに大事です。本書はそのことを教えてくれます。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る