作品紹介

必殺仕掛人、ここに生まれ、ここに死す

闇の世界の仕掛人の道を歩み始める男とその男に父を斬殺された娘。悪夢のような一瞬が決めた二人の運命をしみじみと描く時代長篇

担当編集者より
江戸で父の敵を探しつづける浪人・堀辰蔵は、空腹のあまり逆上し、煙管師を斬殺してしまう。父と二人暮らしだった煙管師の娘・お道は天涯孤独となった。近隣の人々に見守られながら気丈に生きていくお道と、闇の世界の仕掛人となった辰蔵の凄絶な半生。二人の運命のふしぎなもつれあいを円熟の筆で描いた名品。解説・重金敦之

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る