電子書籍

藤沢周平句集

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年11月29日
ジャンル随筆・エッセイ

新たに発見された句を収録!

没後20年――藤沢周平が残した俳句と、俳句をめぐるエッセイ。

青年期に結核治療のため入院した病院で、藤沢周平は初めて俳句と出会う。何よりも自然を詠みこめるという感動から、俳句の世界に入っていった。俳誌「海坂」に二年にわたり投句を続け、俳句への強い関心は後に長篇小説「一茶」に結実する。

本書には「小説『一茶』の背景」「一茶とその妻たち」「心に残る秀句」「稀有の俳句世界」など、随筆9篇も収録。単行本の「解説」は清水房雄(歌人)。

そして単行本刊行から約18年、この度、新たに発見された俳句を付して、待望の文庫化。

業界紙記者時代の昭和36、37年に、「馬酔木」(あしび)に月に一句ずつ、本名の小菅留治名で投稿句が掲載されていた。36年の分では、作者の手書きで、その句を含む数句が月ごとにまとめられていた。
また、「俳句手帳」昭和53年版に、30句が記入されており、句の多くは、藤沢周平が作家になってからのものと推定される。
合わせて100余の句が、一般読者に向けて初めて公開されることになった。

藤沢の俳句への思いに光を当てる貴重な発見といえる。

〈文庫解説〉「『自然』からの出発」 湯川豊(文芸評論家)

この作品の特設サイトへ(外部リンク)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

初めて足を踏み入れた俳句文学館の閲覧室で、昭和30年刊行の「馬酔木」から1冊ずつ、読者の投句欄のページを順番に見ていきました。なかなか目的のものは現れず、ほとんど諦めかけたとき、昭和36年1月号の〈小菅留治〉という字が目に飛び込んできました。家庭でも、業界紙記者としても多忙を極めていた時代、一度は離れた俳句の世界に戻っていっていた――藤沢周平の新たな一面を、没後20年のいま、ここに見せられることを、非常に嬉しく思います。 (KK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

藤沢周平句集

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年11月29日
ジャンル随筆・エッセイ
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
2/24(土)、25(日)、28(水)霜鳥まき子さん『似合う服だけ着ていたい』発売記念イベント開催のお知らせ
2/24(土)、25(日)、28(水)霜鳥まき子さん『似合う服だけ着ていたい』発売記念イベント開催のお知らせ
【先着100名】新刊『望月の烏』刊行記念! 阿部智里さんサイン会を紀伊國屋書店横浜店で開催
【先着100名】新刊『望月の烏』刊行記念! 阿部智里さんサイン会を紀伊國屋書店横浜店で開催
【イベント(オンライン配信)】モモコグミカンパニー×アイナ・ジ・エンド『解散ノート』出版記念特別対談
【イベント(オンライン配信)】モモコグミカンパニー×アイナ・ジ・エンド『解散ノート』出版記念特別対談
吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト 佐伯泰英特設サイト 文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト