作品紹介

恋も愛も裏切りも、すべてが詰まっていた――。
井上荒野が昭和の歌謡曲をモチーフに書いた短編集。

「人妻ブルース」「時の過ぎゆくままに」「小指の思い出」「東京砂漠」「あなたならどうする」「ジョニィへの伝言」「うそ」「歌いたいの」「古い日記」「サルビアの花」

昭和を彩る十曲を元に、それぞれ一篇の小説が生まれた。

メロディーが頭に浮かぶ方も多いと思いますが、歌詞からインスパイアされた、歌謡曲独特の男女の関係が、井上荒野さんの筆によって、鮮やかに甦る短編集。

解説・江國香織

担当編集者より
「時の過ぎゆくままに」「東京砂漠」「ジョニィへの伝言」……。
むかーし流行ったこれらの昭和歌謡曲には、令和のいまも思わず口ずさんでしまう、独特の吸引力がありますよね。
そんな歌にインスパイアされて、男と女の、愛と裏切り、哀しみや可笑しさがたっぷり詰まってほどよく煮えた(?)イミシン小説が生まれました。
冒頭の一篇から、井上荒野という小説家のセンスやユーモア、本人の性質までほとばしっている! と、解説の江國香織さんも太鼓判を押す短篇集です。 (KK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る