作品紹介

〈第23回日本エッセイスト・クラブ賞〉〈第15回久留島武彦文化賞〉受賞。
生誕92周年に記念復刊した名エッセイの文庫化。

1926年に福井県の小さな町で生まれ7歳まで過ごした。自然豊かな地でのびのびと自由に遊んだ経験をもとに、ごく平凡な子供の遊びを綴った本。
とはいえ、ただ昔を懐かしむものではなく、子供自身が何を考え、どう感じ、様々な思考と準備を経て、生活や人間関係の悩みや葛藤も抱えながら「遊んでいた」のか――。大人の目ではなく、子供の心になって遊びを見つめてきたエッセイ集。

本人による「あとがき」「新あとがき」付き。

文庫版には、「月刊文藝春秋・巻頭随筆エッセイ」(2014.7月号)を追加。また巻頭に〈子供の季節の遊び〉を描いた貴重なカット絵を中心とした16pのカラーページを挿入。

文庫解説・辻惟雄(美術史家)

担当編集者より
「だるまちゃん」「からすのパンやさん」シリーズでおなじみの絵本作家・かこさとしさんが、故郷・福井の野山を駆け回り遊んだ記憶をまとめた本書は、1975年刊行当時、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しました。
はじめて文庫になるにあたり、貴重なカット絵・家族の写真等を追加。和気あいあいと、時には悩んだりケンカしたり叱られたりしながらのびのびと遊ぶ子どもたちの絵からは、元気な歓声が聞こえてくるよう。
遊びの伝承の記録、という意味でも、ずっと語り継いでいきたい1冊です。
目次
〈目次より抜粋〉
「ささ舟さらさらー春の遊び」 花占い/ぺんぺん草/すもうごっこ/指きりげんまん/陣とり/なわとび/てんと虫とばし…

「ほたるの唄ー夏の遊び」 河原の魚とり/ホタルがり/七夕の提灯/鬼ごっこ天国/じゃんけんうた…

「風とねこじゃらし―秋の遊び」 ゴムひもとび/じゃんけんグリコ/あやしきカゲふみ/兵隊ごっこ戦争ごっこ…

「つららと霜やけー冬の遊び」 ガラス玉のおはじき/あやとり糸とり/タコタコあがれ/雪あそび/窓辺のゆげ絵あそび…

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る