作品紹介

激しい情念は、絵画という枠を超えていく

香月の抑留体験の足跡を追いながら、シベリア・シリーズという壮大な絵巻物の意味を問い直した傑作。シリーズ全作品をカラー収録!

目次
まえがき

第一部 再録「私のシベリヤ」(1970年、文藝春秋刊)

第二部 シベリア抑留の足跡を追って
(1)「北へ西へ」「アムール」ーー収容所到着まで
(2)「埋葬」「涅槃」ーー死の収容所体験
(3)収容所群島の全貌

第三部 <別稿>絵具箱に残された十二文字

第四部 鎮魂と救済
(1)福島繁太郎と香月泰男
(2)三つの救済

あとがき
文庫化に寄せて 倉迫啓司

著者

立花 隆

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る