作品紹介

大人気和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」の著者・阿部智里さん。
『烏に単は似合わない』で松本清張賞を史上最年少で受賞し、今も壮大な世界を作り続けるベストセラー作家の視点に迫ります。

「八咫烏シリーズ」第二部始動を記念して、
2019年に前橋文学館から発行された冊子を電子書籍化しました。

■収録内容
・対談 阿部智里×萩原朔美(前橋文学館館長)
・第19回松本清張賞 受賞のことば、選評(「オール讀物」2012年6月号掲載)
・書き下ろしエッセイ「七年後の現在地」
・編集者がみた<作家・阿部智里>とその素顔
・八咫烏シリーズ幕間「烏の山」

※この電子書籍は2019年7月に前橋文学館から発行された冊子を底本としています。

この作品の特設サイトへ
おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る