作品紹介

いったい何処に向かうのか――テレビ「昨日・今日・明日」

かつて、みんなで見ていたお茶の間のテレビが、デジタル時代に入り、大きく変わりつつあります。経済発展とともに発展してきたテレビは何処に向かうのでしょうか——過去を紐解き、現在を見ることで、テレビの未来像を予測します

担当編集者より
かつて、みんなで見ていたお茶の間のテレビはデジタル時代に入り、「自由な時間に好きなコンテンツを1人で見る」ものへと大きく変化しつつあります。経済発展とともに発展してきたテレビは何処に向かうのでしょうか——過去を紐解き、今を見ることで、テレビの未来像を予測します。「関口宏が語る“サンデーモーニング25年の軌跡”」、「ワイド特集 私がはまったドラマ」、「対談 池上彰×渡辺真理 衝撃のニュース映像」、「茂木健一郎 韓流ドラマが流行るワケ」など。
商品情報
書名(カナ) タシナミ
ページ数 128ページ
判型・造本・装丁 B5判 軽装 並製
初版奥付日 2012年07月25日
ISBN 978-4-16-008753-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る