作品紹介

生後1歳で脳性まひとなった著者が描く、障がい者のタブーなき性愛の世界。人として生まれ、通常の性欲をもち、魅力的な異性(または同性)が現れたら・・・。懊悩し煩悶する主人公の稔(ほぼ著者と等身大)。著者ならではの視点、立ち位置から、文学の普遍性にアプローチする野心作。端正でみずみずしい筆致をお愉しみください。

担当編集者より
誰だって、恋がしたい。肉体を通して、お互いの真情を確認したい。たとえ、障がい者であっても、その思いは同じだと著者。著者の切実な魂の叫び。勇気ある吐露。障がい者文学の金字塔です。
目次
Ⅰ部 晒された名画
Ⅱ部 リブの女
商品情報
書名(カナ) モナリザノナキベソ ジョウ
ページ数 356ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2020年11月28日
ISBN 978-4-16-008985-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る