作品紹介

“空っぽの椅子”に坐っているのは誰だ!?

女子学生誘拐犯は精神を病んだ16歳の少年なのか? 昆虫を愛する少年の無実を証明するため婦人警官サックスは捨て身の行動に出る

担当編集者より
お待たせしました。<リンカーン・ライム>シリーズの最新作です。四肢麻痺の犯罪学者は治療に赴いたノースカロライナの田舎町で女子大学生誘拐事件に遭遇します。容疑者は精神を病む十六歳の“昆虫少年”。治療に専念したいライムを助手のサックスが口説きおとし、一日だけ捜索に協力することになりますが……単純な誘拐どころか事件の背後に巨大な“悪の構図”が浮かんできます。本作も期待にたがわず、ドンデン返しの連続とハラハラドキドキで最後の一頁まで読者を飽きさせません。(YM)
商品情報
書名(カナ) エンプティーチェア
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年10月15日
ISBN 978-4-16-320400-0
Cコード C0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る